August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

無料でブログを開設しようと思ったら

JUGEMテーマ:無料サービスを使いこなす

無料ブログを開設するとメールがたくさん!

アメブロなどの無料のブログサービス(ブログに限らないが)に登録すると、やたらにメールが来て、大切なメールがごみメールに埋もれてしまった経験はありませんか?フィルターやセイフティーアドレスでふるいにかける事は出来るけど、スマホには着信だらけ。

無料サービス用にメアドを作ろうと思ったら

GmailやYahooメール、Outlook.comでもいいんだけど
スマホの専用アプリでみたくなったのでフリーメールを探してみた。Gmailを複数作る方法もあるけど、敢えて別のメールを探してみよう、それもスマホ用の専用アプリがあるやつ、例えばaolメールみたいなサービスとか。

zohoメールはどうだろう?

zohoメールなる物をみつけたのでサインアップしてみようと思ったら「ZOHO.jp」で「できる会社の必須アイテムオールインワン・ZOHO CRM 」ってツールに無料お試し版(有料プランの15日間無料版)ではなく「基本機能を評価したい方」用の無期限無料プランがありました。

結局 ZOHO CRM に挑戦してみる

「無料プランでは、顧客/商談の管理やレポートなどの基本機能を、カスタマイズなしの標準設定で無期限にご利用いただけます。CRM/SFAのフリーツールをお探しの方はぜひお試しください。」って書いてありました。早速挑戦してみましょう!
ニーズに合わせて選べる4つのプランから無料プランに申し込んでみる。
ZOHO CRM

やっぱりメアドが必要

ZOHOメールにしてもZOHO CRMにしても登録にメアドが必要でした。当然ですね。
登録用に mail.com でメアドを作ります
結局 mail.com ですかね。http://www.mail.com/int/ から Sign up でメアドを作りましょう!
momotaro@email.com みたいなアドレス作りました。このmail.comはiOSもAndroidにも専用アプリがあって便利なのですが、選ぶアドレス(mail.com とか post.com とか)によってはhatenablog とかの登録時に確認メールが届かない事がありました。

mail.com を使って ZOHO CRM に登録

mail.com で登録出来ました。なんだか、いろんなことが出来そうです。でも、メールは別途 Zoho メール を作成するみたいですね。CRMについては次回ということで、当初の目的のZoho メール を作成します。

ZOHO メールを作成しよう

ZOHO CRM にログインしたままZoho メール のURL https://www.zoho.com/mail/ のページ(英語のみ)へ行くと、右上に「Access Zoho Mail」というタグが見えます。タグをクリックすると <username>@zoho.comの形式でメールアカウントを作成する という項目が現れるので簡単に@zoho.comが作成出来ます。

ZOHO CRM を作成しない場合

Zoho メールのみ作成したい場合は https://www.zoho.com/mail/ へアクセスし、mail.com のメアドで登録を行います。登録が完了すると以下の確認メールが mail.com などの登録したアドレスへ届きますので、クリックし認証を済ませましょう。 「Zohoへのご登録ありがとうございます! 登録を完了するには、下記のリンクをクリックしてください。このリンクは30日間有効です。認証できない場合、問い合わせてください。」 認証を済ませるとZohoメールへアクセスできます。以下のようなメールが届いてました。 =====

Zoho Mailへのご登録ありがとうございます。 Zoho Mailは、シンプルな操作で、いつでも、どこからでもメールのやりとりができるオンラインのメールサービスです。
 あなたのメールアドレスの登録が完了しましたので、今すぐ利用を開始できます。
  • 複数のメールアドレスの一元管理:複数のメールアカウントに分散してしまいがちな個人的なメールと仕事上のメール。Zoho Mailでは、複数のメールアカウントをまとめて管理できます。 
  • メールの分類:フォルダーやラベルを使ってメールを分類できます。
  • 関連したメールの一括表示:関連するメールをツリー形式で一覧表示できます(スレッドビュー)。メールのやりとりを確認する際に、受信トレイ内のメールを並べ替えたり検索したりする必要がありません。
  • 連絡先のインポート: GmailとYahooのアカウントから連絡先をインポートできます。
今回は ZOHO メール のアカウント作成まで続きは次回へ...つづく...
 



 









Power by JUGEM

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop