July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

格安なSSLサイトの立ち上げ方

 

検索エンジンにはやはりSSL・格安なSSLサイトの立ち上げ方

いろいろな無料ブログで情報の発信やアフィリエイトを貼付けたりとやってますが、やっぱり最後はレンタルサーバーで独自ドメインが一番のようだ。HatenaやFC2がSEOに強い、新しいドメインはSEOに弱いなどと都市伝説があるけど、12年間の業務・趣味で構築したサイトの実情はどうも一致しない。当たり前だが、ためになる文字情報を見やすい形で、定期的に(たまにはでいいが)更新すること!これにつきる。

以下の条件でテスト用のサイトを立ち上げてみる。詳細は追って別サイトに掲載します。
  1. 年額が安く希望の文字列がとりやすい独自ドメインをとる
  2. 初期費用0円、年額5,000円以内・ドメイン数やデータベース数がたくさん使えるレンタルサーバー
  3. 年額5,000円以内でサイトシール付きのドメイン認証型SSL
  4. レンタルサーバーとSSLを取得する会社が違った場合、持ち込みSSLを設置できること
  5. もちろんWordPress対応
以上の条件で格安サーバーをかたっぱしからあたったがなかなかない。

ロリポップは安くておすすめのサーバーだがSSLは年額18,000円で、持ち込み不可 Netowlのミニバードも抜群のコストパフォーマンスを誇るがSSLはNewtOwlのSSL BOXのみ対応。初年度は年額7,990円になる。 固定IP費用とやらが別途発生したりとSSL対策は後進国だ。
さくらのレンタルサーバもおすすめだが、ジオトラストのSSLが14,500円もするし、持ち込みSSLは不可だった。

結局、他社で取得したSSLの証明書を使えるかどうかは記載していないところ、またはわかりにくいところが多く数時間かけてようやく希望のレンタルサーバーが見つかった。
CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(15日間)が初期費用無料・月額198円・持ち込みSSLも可能だという。いろいろ調べてみたら、WordPressがワンクリックインストールできなかったり、超初心者にはハードルが少し高そうだ。

そこで、LinuxがFreeBSDが全盛期だった1990年代からサーバー構築に携わってた小生がこの月額198円のかわいいレンタルサーバーと 年額990円(税抜)からの格安SSLサーバー証明書取得サービス、SSLボックス(三年契約だと年額790円)を使って、緑の鍵マークがついて、WordPressのサイトにセキュアシールを張ってみようと思う。
最後にドメインはxyzドメインに挑戦してみたいが、xyzドメインは次回無料SSLに挑戦する際につかうことにして、今回は「nack7.com」というドメインでサーバーを設定し、運用してみる。もちろん設定方法等の詳細はそのサイトで詳しく解説します。「nack7.com」の開店予定日は3日後ぐらいかな(2016年3月18日)を予定してます。乞うご期待!


 
» read more
1
pagetop